ナガオ株式会社

ホーム > 製品・商品 > 重金属処理剤 > 重金属固定剤

重金属固定剤(NKシリーズ)

NKシリーズは、飛灰処理の諸問題を解決する重金属固定剤です。

ゴミ焼却場などから発生する飛灰は重金属を含んでおり、そのままでは廃棄できない場合が殆どです。当社は、飛灰に添加し重金属を固定化する薬剤「NKシリーズ」を通じて、環境保全における社会的ニーズに対応します。

  1. 結合した重金属の安定性がよい
    『NKシリ-ズ』は重金属イオンとキレ-ト結合し強力な結合物をつくります。結合物は通常では再溶解しません。
  2. 耐熱性がある
    『NKシリーズ』は飛灰温度100℃での処理に使用しても、常温と同様に重金属分を安定して固定化することができます。
    アルカリ性飛灰100gに対して『NKシリーズ』1.25%、水20%を添加し、常温と100℃とで混練処理した処理灰の溶出試験(昭和48年環境庁告示第13号試験法)結果は次のとおりです。
灰温度(℃) 溶出試験結果 (mg/L)
Hg Cd Pb Cr6+ As
常温 <0.001 <0.01 <0.1 <0.4 <0.01
100 <0.001 <0.01 <0.1 <0.4 <0.01
※基準値 0.005 0.3 0.3 1.5 0.3

※基準値(判定基準値):昭和48年総理府令第5号の埋立処理の判定基準値

  1. 少ない量で効果がある
    『NKシリーズ』は少ない添加量 で十分固定化できるので、処理コストの低減が図れます。

T社アルカリ飛灰処理後の溶出試験値

項 目 T-Hg Cd Pb Cr6+ As
水ブランク <0.001 0.02 26.4 <0.4 0.06
処理後 <0.001 <0.01 0.02 <0.4 <0.01
基準値 0.005 0.3 0.3 1.5 0.3

※飛灰組成(mg/Kg) Hg3.2 Cd42 Pb760 Cr180 As4.7
※薬剤添加率:『NKシリーズ』2.5%、水27.5%


『NKシリーズ』荷姿

20kgポリ缶 バッグ・イン・ボックス
タンクローリー ISOコンテナ
その他ご相談に応じます